FC2ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/09/13 (Sun) おめでとう!ファイヤーバードトランザムとジャンQ達

1_20090913004630.jpg
ファイヤーバードトランザム
「あのファイヤーチーフに
 前進がヒリヒリするほどの協力な溶剤にドボンされたときは、殺されるともったが、
 無事に塗り替えが終わって一安心だよ。 
 何時間もゴシゴシされたりして、とても痛かったけどね」

3_20090913004630.jpg
ロータスエスプリターボ
「おっ!ファイヤバードじゃんか~!
 見違えたな~」
ファイヤーバード
「あ!エスプリ兄さんに、VWの1303S アルフマグナムさん」
アルフマグナム
「久しぶり~」

2_20090913004630.jpg
ファイヤーバード
「おれもリペアしてもらったんだ~。
 Qタイヤまでサービスしてくれて、なんか現役時代に戻れたきがするよ」


そこへジャンQ三人衆がやってきました。
4_20090913004630.jpg
ジャンシェビ
「なんでおまえらばっかり~!
 キーくやしい!
 おまえら外車ばかりリペアされて、不公平だ!」
ジャンコン(コンテナトラック)
「見た目はこれでもな、
 お前ら悪趣味な外車なんかより、日本車のほうが性能、強度は上なんだぜ!
 メイドイン チャイナをなめんあよ!」
エスプリ
「黙って聞いていればぬけぬけと!
 ジャンQのくせに!」

5_20090913004630.jpg
みんあ
「なんだと~てめめ!
 やるかこらぁ~!
 やっちまえ!
 お前のタイヤくせ~んだよ!
 リペアされたやつの塗装なんて、すぐに禿げてバカ丸出しだ」

6_20090913004630.jpg
BADDOG(ビッグタイヤ・パジェロ)
「こらやめろ!」

7_20090913004658.jpg
ファイヤーバードトランザム
「BADDOG先生!」(ジャンQ時代、とてもおせわになっていたらしい)

8_20090913004658.jpg
BADDOG
「お前ら忘れたのか!?
 オーナーが思いを込めて、カスタムしてくれたあの日のことを!
 オーナーたちに、たくさん遊んでもらったあの日々を!
 決して上手いカスタムとはいえんが、どれも最高のQじゃないか!
 世界に一つだけの、おまえがおまえだとすぐにわかる、最高の印じゃないか!
 その傷の一つ一つに、いままで生きてきた歴史がきざまれているんだろ!
 ジャンQにはジャンQの誇りがある!
 ジャンQスピリットを思い出せ!」
そしてみんなは仲良くなり、
とりあえずリペアが成功したファイヤーバードトランザムを胴上げすることにしました!

9_20090913004658.jpg
エスプリ
「思い出したぜ!
 おれももとはジャンQなんだ!
 今まで忘れていた、ジャンQスピリットが目を覚ましたぜ!
 うを~~~~~~!」
アルフマグナム
「ああ。
 誰の目にもとめられず、箱の中で何十年も眠っていたあの時代…
 そういや昔、マグナム号にあこがれて、
 オーナーがこのボディを赤くしようと一生懸命だったけなぁ…
 忘れたいけど、忘れられない、僕たちのQ生なんだ!」
みんな
「ジャンQさいこ~!」



10_20090913004658.jpg
カル子(ミニミニカルソニックマーチ)
「ねぇねぇ
 おかあさん!
 みて!あれな~に?」

11_20090913004658.jpg
カル母
「きたない!
 どこの骨ともわからないやつらよ!
 ゴミ箱に入ってたりしてるかもしれないから、近寄っちゃダメ!」


ジャンクチョロQ・・・・すなわちジャンQ・・・

希少価値は低くとも、今日も精一杯頑張っていきているのである!
みんな!
ジャンQ達を応援してあげてください!

『王国物語』 | trackback(0) | comment(3) |


2009/09/08 (Tue) マリオカートWiiプルバックバイク・最後までみてね♡

突如、フスマタウンでマリオ族たちのレースが開催されました。
1_20090908192212.jpg
トップはワリオ!
続いてワルイージにマリオが続きます!

2_20090908192212.jpg
ワリオ!
トラックのぎりぎりを走りぬけ、それをよけようとしたトラックが、急ハンドルを切りクラッシュ!

3_20090908192212.jpg
トラックの後続車だったレスキュー車も急ハンドル!
道をふさぐ形となりました!!!!

『王国物語』 | trackback(0) | comment(7) |


2009/09/07 (Mon) サンダーバード0号の誕生・ペネロープ号の恋物語

001_20090907214249.jpg
ギュンギュン!!
「私の名前はF-ZERO!
 ホバーな走りには自信があるぜ!
 今日もフスマタウンをドライブ中さ」

002_20090907214249.jpg
F-ZERO
「?
 見かけないマシンだな…」

003_20090907214249.jpg
F-ZERO
「6輪のピンクのロールスかぁ…
 いったい何者なんだ!?」


004_20090907214249.jpg
ぺネロープ
「さっきから後をつけているのはわかっているのよ!
 さっさと出てきなさい!」
F-ZERO
「なに!?このオレの無音ホバー走行に気づいただと!」

005_20090907214249.jpg
ペネロープ
「なんのよう?」
F-ZERO
「見かけないロールスがいると思って、気になっちゃって後をつさせてもらったんだ」
ペネロープ
「ただそれだけ?
 趣味がストーキング行為なのね」
F-ZERO
「確かにかわいくて素敵なマシンだとみとれたことは認める、
 だが・・・」

006_20090907214249.jpg
F-ZERO
「このプラ製のフロントタイヤにかけて、オレにはやましい気持ちなどない!」

007_20090907214324.jpg
ペネロープ
「ああ、なんて素敵なフロントタイヤでしょう・・・うっとり♡
 そして潔さがオトコらしい♡」


このあとペネロープ号は、
自分のファミリーを紹介するため、
F-ZEROをサンダーバード基地へ案内しました。
008_20090907214324.jpg
ペネロープ
「私たちには狭いコースだけど、
 あなたなら片輪走行できるわね?」
F-ZERO
「たとえ、朝飯抜きのディナーであっても、簡単にできるさ!」
ぺナロープ
「やるわね」

009_20090907214324.jpg
ペネロープ
「こちらは2号とジェットモグラよ。
 1号は」


010_20090907214324.jpg
ペネロープ
「いつも下で発進待機しているわ」


011_20090907214323.jpg
こうしてF-ZEROはペネロープに気にられ、
サンダーバード0号として、
サンダーバードファミリーに加わりました。

あ~4号ほしい!

『王国物語』 | trackback(0) | comment(4) |


2009/08/31 (Mon) ITS a FIRE!!!

先日のピグON会にて、ちょろばすさんから欲しかったファイヤーチーフをいただきまして、
うれしくて、ファイヤーチーフストーリーを作りました。
どうぞ最近GETしたチョロQ達と一緒にご覧ください♪

デコトラ若大将
「てぇーへんだ!てぇーへんだ!!!
 ファイヤーだよ!ファイヤー!
 速くなんとかしてくれ部長!」

コスモ巡査
「何ィ~!?ファイヤーだって?
 そういや最近、ちょっと空気が乾燥していたからな・・・
 火事のことならファイヤーチーフに頼んでくれ」

2_20090831202747.jpg
ファイヤーチーフ
「よんだかね?
 よばれて出てきてじゃじゃじゃじゃん!」


3_20090831202747.jpg
ファイヤーチーフ「おまえら!初仕事だ!ぬかるなよ!」
ファイヤーチーム「お~!」

4_20090831202747.jpg
チーフ
「こらなにやってる!もっと速くすすめ~!ファイヤーゴー!
 それでもレスキューファイヤーか!」

ファイヤーチーム
「チーフが重くて進めません!
 降りてください!!!」

チーフ
「あっ…それはきづかなかった!ソーリーソーリー髭ソーリー!
 次のソーリー大臣は誰?」

5_20090831202747.jpg
ファイヤーチーム「がっくし」

ファイヤーチーフ
「なにやってんだ!おちこんでいる場合ではないゾ!
 こいつはA品番のファイヤーバード トランザムだ!」

6_20090831202746.jpg
チーフ
「よ~し!
 このま水抜きにぶち込んでやれ!!!」

チーム「ラジャー!」

ファイヤーバードトランザム「やめてくれ~泣」

『王国物語』 | trackback(0) | comment(4) |


2009/02/01 (Sun) 『王国物語 #2』~ジョニーとシルア、クラウドからの挑戦状~


いつも平和なチョロステタウン…のはずですが…

なにやら、スカイラインのジョニーと、真っ赤なシルビアのシルアがケンカをしています。
js02.jpg
ジョニー
「オレの方が速いに決まってるだろ!
 おまえのシーシーエンジンなんかよりもよっぽど速いぜ」
シルア
「いつもひどいラインとって走るくせに生意気な。
 大体そのシーシーエンジンってなんだよ!
 このへたくそドライバーが!」

js03.jpg
ジョニー
「こうなったらいつものやつで勝負するぞ」
シルア
「そんなにまた俺に負けたいか?」

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
二人は合図もなしに走り始めました。
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
js04.jpg
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
ドガッ!
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

js05.jpg
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
kikikikiikcicici-!!!
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
js06.jpg
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
BLLL!!!
BLLL!!!
BLLL!!!

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<js07.jpg<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
BBB…!
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<js08.jpg<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
BLLL!BLLLLLL!
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<js09.jpg<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<!!!!!!!!!!<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
js10.jpg
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
ギュン!ギュン!ギュン!ギュン!
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
js11.jpg
<<<<<<<<<<<<
js12.jpg
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
BARI!BARI!BARI!BARI!
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

………
js13.jpg
バハーン
「おまえ達、自分らが何をやっているのかわかっているのか?」
ジョニー
「国王さん、オレらはレースを…」
バハーン
「あれをよくみろ」

js14.jpg
ジョニー・シルア
「…」
バハーン
「レーサーがみんなを困らせてどうする!
 レーサーはみんなを楽しませるものだろう!
 二人とも、自分達がレーサーになったばかりのころを忘れるな」
ザワザワザワザワ…
js15.jpg
バハーン
「みなのもの!
 こやつらが迷惑をかけて悪かった!
 私に免じて許してやってくれ。
 だが、そのかわりといっては何だが、明日、空中サーキットのクラウドで開かれる、
 ペアチーム対向99周レースに、この二人に参加してもらう!
 もちろん、この二人をペアチームとして!」



<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
Q~ジョニーとシルア、クラウドからの挑戦状~Q
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<


そして翌日…
コケコッコー!
ワーワーワー!
js16.jpg
ガヤガヤガヤ!js17.jpg
js18.jpg
デズ
「オホン!
 せいしゅくに…せいしゅくに…!
 バハーン国王からのお言葉」
バハーン
「わがチョロQステア王国の国民達よ!
 今日は街に待った、
 ここ、空中サーキット『クラウド』での大レースだ!
 今回はチーム戦で、
 先にゴールしたものから順に、
 6P
 5P
 4P
 3P
 2P
 1Pとポイントが与えられる。
 その合計ポイントが高いペアチームを優勝とする!」
デス
「では、かわりましてチーム紹介をさせてください!
 まずはこの二人。
js19.jpg
 カルソニック兄弟!
 つづいて
js20.jpg
 ポルシェチームの、スポーツ選手とレイジュン選手!
 そして今回初参加の
js21.jpg
 ご存知ジョニー選手とシルア選手!」

いつも暴れまわりやがって、帰れー!
わー!わー!わー!
走り屋がんばれー!
js22.jpg


js23.jpg
ピッピッピップーーーーーー!
スタートです!
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
js24.jpg
デズ
「な、なんとー!
 6台が並びました!
 これは非常に危険な展開になってきました!」
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
ドガバギグシャ!
js25.jpg
js251.jpg
デズ
「開始早々4台がクラッシュ!
 大丈夫でしょうか!?
 …
 …!
 大丈夫なようです!
 クラッシュしてもなお、すぐに走り出しました!」
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
js26.jpg
デズ
「ジョニー選手とシルア選手!
 大きくリード!」
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
js27.jpg
デズ
「それに続き、カルソ弟、スポーツ、レイジュン、カルソ兄!」
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
js28.jpg
デズ
「ここでカルソ兄、レイジュンを抜いたー!
 さすが前回のチャンピオン!」
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
js29.jpg
デズ
「トップは変わらず!
 後ろの4台が熱いデットヒートを繰り広げております!」



<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
Q~ジョニーとシルア、クラウドからの挑戦状~Q
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<


js291.jpg
カルソ兄弟
「お兄ちゃん…!」

js30.jpg
デズ
「おぉっ!
 レース開始から30分!45週目!
 ここでついにカルソ兄がポルシェスポーツを抜いたー!!!」
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
js31.jpg
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
js32.jpg
デズ
「バハーン国王、まだまだわかりませんが、
 このままでは、ジョニーとシルア選手の初出場、初優勝になりますね」
バハーン
「そうだな。
 しかし、シルアにしてもジョニーにしても、相当無理をして走っている…
 このまま後40周もつか…」

js33.jpg
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
デズ
「トップは変わらずジョニー、続いてシルア、
 カルソ兄、スポーツ、レイジュン、カルソ弟の順番です!
 後方の4台、非常に白熱したレースになっており、
 ちょっと気を抜くと、順位が大きく換わる可能性が十分にあります!」
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
js34.jpg
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
デズ
「さあ!
 とうとう最後の99周目のコーナーに入りました!」
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<js35.jpg
シルア
「…?」
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
js36.jpg
ジョニー
「シルア、わりぃ…
 オレはもうタイヤがダメみたいだ…!!!」
シルア
「ああ!
 わかっている!
 いつものおまえの走りじゃないからな…!」
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
バキッ!
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
js37.jpg
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
js38.jpg
デズ
「ぉおおーーぉ!
 なんという展開!
 ここまできて、ジョニー選手のタイヤがハズレましたーっ!」
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
js39.jpg

js40.jpg
デズ
「これは信じられません!!!
 シルア選手がジョニー選手をかついでおりますー!!!」

WoWoWoWoWoWoWoWoW!
js41.jpg

js42.jpg
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
シルア
「おまえが重すぎて、とうとう俺のエンジンがいかれちまったようだ…」
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
………
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

js43.jpg
ジョニー
「なら、オレのエンジンと、おまえのステアで走るだけだ!」
js44.jpg
デズ
「これはー!」
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
js45.jpg
js46.jpg
デズ
「トップは…!
js48.jpg
 カルソだー!!!」


ワー!ワー!ワー!ワー!ワー!ワー!ワー!
js47.jpg
この時…
js49.jpg
国民達が…
js50.jpg
一つになった…!!!
js51.jpg
ワー!ワー!ワー!ワー!ワー!ワー!ワー!js52.jpg
js53.jpg
js54.jpg
js55.jpg
js56.jpg
js57.jpg
js58.jpg
はたして…
このチョロQはいったい…つづくのか!?

『王国物語』 | trackback(0) | comment(4) |


2009/01/30 (Fri) 『王国物語 #1』 ~イエローは燃えているのか?~

ここは憩いの場、タイムズ駐車場。
子供好きのチョロQ、イエローは、
ちびっこ達と昨日のレースの話で盛り上がっていました。
#1-1
イエロー
「ねえねえチビスカくん。
 聞いたよ、スカルさん昨日も優勝したんだって?」

チビスカ
「へへ~ん♪
 そうだよ♪
 #1-2
 ボクのパパよりも速いレーサーは、
 バハーン国王くらいじゃん!
#1-3 
 なんたって、3連勝!一番かっこいいんだ!」


そこへ、スカルがチビスカを迎えにやってきました。
#1-4
イエロー
「あわわっ!スカルさん!
 こんにちわ!」

スカル
「こんにちわ皆さん。
 いつもチビスカをありがとうございます。
 こらチビスカ、またパパの自慢話してるな。
 かわいいやつめ。迎えにきたぞ」

チビスカ
「パパ~♪」


スカルがチビスカを連れて帰ろうとしたとき、イエローは、突然大きな声をあげました。
#1-5
イエロー
「スカルさん!
 ぜひ私と、レースしてはいただけないでしょうか!?」

それを聞いてみんなびっくり!
だって、普通のチョロQが、トップレーサーにレースを挑むのですもの。
それに対してスカルは。
スカル
「オフコース♪
 久しぶりの挑戦者だね。大歓迎だよ。
 ついておいで」

と答えました。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
Q~イエローは燃えているのか?~Q
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

スカル
「ついた。
 コースは簡単、
#1-6
 あの木を通って先にココまで戻ってきた方が勝ちだ。
 準備はいいかい?
 いくよ。
 よーい、スタート!」


<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
スカルリード!
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
イエローはゼンマイを巻いている。
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
ここでイエローが走りだした!
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
速いぞイエロー!
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
ん!?
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
#1-7
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
行きすぎだ!チョロQは曲がれない!スカルは素晴らしいコーナーリング!
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
イエローはゼンマイを巻いている。
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
スカルゴール!!!
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<


#1-8
スカル
「やっぱり曲がれなかったけど、
 よくあのスピードで止まれたな。
 一瞬抜かされてびっくりしたよ!
 ナイスファイト!
 また、いつでも相手になるよ」


<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
スカルはそう言うと、チビスカと一緒に帰っていった。
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

イエロー
「やっぱりレーサーはすごいな。
 カーブのあるコースじゃあ、全然かなわないや」

すると、どこからか声が。
「そんなことはないぞ!」

#1-9
イエロー
「はじめまして、あなたは…?」

???
「私の名前はナンバー7。
 ただのレース好きじゃよ。
 いやぁ、楽しませてもらったよ。
 とは言っても、レースにじゃなくておまえさんにな」

イエロー
「完敗でした」

ナンバー7
「そりゃそうだ。
 おまえさんみたいな、なんにも知らないやつが、勝てるはずもない。
 しかしな、その挑戦する心だけは認めるよ。
 これをやろう」


<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
ナンバー7は、どこからかシャーシを持ってきました。
#1-91
イエロー
「これは!?」

ナンバー7
「Sテックシャーシじゃ。
 これがあればおまえさんも、少しはまともに走れるじゃろう?
 せっかく手に入れたはいいが、わしのこのボディには、サイズが合わなくてな。
 このシャーシは、さっきのスカルが昔使っていたものじゃ」

イエロー
「!!!」


<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
Q~イエローは燃えているのか?~Q
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

イエローはナンバー7に手伝ってもらい、シャーシを交換しました。
#1-92
ナンバー7
「ほれしあげじゃ!」

ペタッ!

#1-93
ナンバー7
「いつまでも、そのチャレンジする心を忘れないようにな。
 わしの7をくれてやろう。
 今日からおまえはイエロー7だ」

『王国物語』 | trackback(0) | comment(12) |


<< back | TOP |

■□■□■最近の更新□■□■□■□■

●○●○●もくじ●○●○●

≫コメントありがとう♪≪

プロフィール

YE7

Author:YE7
チョロQとQ遊びをもっと流行らせたい!
そんな気持ちで運営中♪
気軽にコメントくださいませ。
できる限り毎日更新します。
休日は、連続アップも結構やっています♪

ジャンプ

Designed by 石津 花

●○●○●リンク●○●○●

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Pika_Mouse

powered by
3ET

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。