--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/05/22 (Sat) R91CP グループCカー 日本製のチョロQ


タフオクで安く買えました♪
ほしかったのよねぇ~♪ウキウキ!
難点はフロントの色落ちだけ!
後はきれいです♪

さてと、これからホームページ作っていくよん♪

日産・R91CP
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
日産R91CPは、1991年全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権(JSPC)およびル・マン24時間レース用に日産自動車が製作したグループCカー。しかしル・マン参戦は実現しなかった。日産初のオール自社製のグループCカーであり、プロトタイプレーシングカーとしても日産・R383以来約20年ぶりの完全自社製車両である。

概要 [編集]
エンジンは3.5リッターV型8気筒ツインターボのVRH35Zを搭載。1991年JSPC全7戦中3勝をあげ、ドライバーズ(星野一義)・メイクス両部門のチャンピオンを獲得。翌1992年シーズンもチームテイクワンに放出されJSPCに参加している。

それまでマーチやローラなどの外部コンストラクターにシャシー製造を委託していた日産だったが、外部製作ゆえに発生する時間的ロスの増大を嫌ったことに加え、ローラ製シャシーを使用したR89CやR90CKなどで製造精度に起因すると見られるトラブルがいくつか発生したことから[1]、ついにシャシーの完全内製化に踏み切ることになった。アメリカで活動したニッサン・パフォーマンス・テクノロジー(NPTI)が参戦していたIMSA参戦車(日産・GTP ZX-Tなど)では、すでにマシンの内製化で成功していた。

外観は、ローラ製モノコックを流用していたR90CPとよく似ていたが、R91CPに於いてはモノコックの設計製造も完全に新設計の日産内製となり、純国産車となっている。コクピットは、ル・マン24時間レースやJSPCでの1000kmレースなど長距離レースを意識して、ダッシュボードのデザインから、通風・防水に至るまで入念に検討され、この種の車両では例外的に雨天のレースでも水の侵入が一切無かったとされている。また、安全性を考慮しロールケージはきわめて堅固に設計された。

コクピット後ろ車体中央部の大型のインレットが目立つが、これはエンジンの吸気用ではなく、リアブレーキの冷却用である。また、R90CPでは左右ともフロントフェンダー上に配置されていたミラーは、ドライバー側の右ミラーのみドア部に移設され、左右非対称の配置となっている。

サスペンションについては、ドライバビリティを重視し、サスペンションのロールセンターをあえて高めに設定し、姿勢変化が分かりやすいものとされている。

これらの設計はシャシーの市販化を意識していたためといわれ、結果としてきわめて乗りやすいマシンとなったが、同時にタイヤの負担が増大していたとされる。実際にタイヤバーストでのクラッシュを経験しており、強固なロールケージ設計は図らずも有効に機能することになってしまった。

諸般の事情でル・マン参加はならなかったが、1992年デイトナ24時間レースで、日本車・日本人(長谷見昌弘/星野一義/鈴木利男)初優勝を達成した。同レースでの走行ラップ数(762周)は大会記録として未だ破られてない。

日記 | trackback(0) | comment(7) |


<<7のヘッドライトを… | TOP | ホームページにセッティングメニュー追加しました。>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

当然ですよYE7さんだってイエロー7さんは大切な友達だから^^

2010/05/23 19:10 | ヴィンセント [ 編集 ]


 

大変恐縮なのですがチョロQハイブリットリモコンについて教えていただきたい事がございます。

先日初めてハイブリットリモコンを購入した初心者です。
かった当初から、左右の蛇角があっていません
左右の蛇角をあわせる方法はあるのでしょうか?

恐れ入りますがご教授おねがいいたします。

2010/05/23 20:40 | リッキーハットントン [ 編集 ]


Re: タイトルなし 

ありがとう!
これからもよろしくね!

2010/05/23 21:44 | YE7 [ 編集 ]


Re: タイトルなし 

お安いご用で。
どうして気になるのでしょうか?
どういった走りの時に気になるのでしょうか?
左右は、どれくらいの違いがあるのでしょうか?


ぶちゃけ、左右の蛇角の違いなんて、走りにあんまり関係はないと思います。
自分は気にしたことはないです。
それ以前に、ハイブリッドはステアがグラグラなので、
旋回性にはほとんど関係がないと思います。

Qステアでも、当たりハズレはありますし、右旋回が得意なシャシと左旋回が得意なシャシがありますが、だかくはほとんど関係ありません。
それ以上に、左右のミクロ単位でのタイヤの大きさの違いの方が深刻です。

フロントのグリップを落とした場合での高速旋回時でも、摩擦力が関係するだけであって、だかくは少しでも切れていれば良いのです。

今手元にあるIQで確認したところ、やや右に入りにくい様子がありましたが、
走っている際は、常に走行による振動が加わっているので、しっかり切れているはずです。

または、トリムの調節でだいぶ変わるかと思います。

気になさるのでしたら、まずは、トリムやバランス等を調節して、
いつでもまっすぐ走る車体に仕上げてから、左右の旋回をみて、ステアリングの交換等を見れば良いと思います。

とにかく、数ミリ程度の違いでしたら、だかくは走りにはあんまり関係ないと思います。

2010/05/23 21:58 | YE7 [ 編集 ]


 

YE71さん

迅速で丁寧なアドバイスありがとうございます。
参考にさせていただきます。

このブログとホームページかなり勉強になります。
読んでいるだけで楽しくなります。数々の動画も拝見させていただきました。

これからも楽しみにしています。

2010/05/23 23:01 | リッキーハットントン [ 編集 ]


Re: タイトルなし 

おほめのお言葉、ありがとうございます。
貴重な読者様♪

2010/05/23 23:19 | YE7 [ 編集 ]


無題の無駄使い 

情報が違っちゃってますよー。
R91CPではなくR90CPですね。
R90CP~R92CPあたりは間違えやすいので気をつけましょう!
ちなみにトイズドリームセットのR90CPはR89Cと表記されてます。
な、なぜだ…R89CとR90CPはどんなに車について詳しくなくてもわかるぞ、車の違いが…
色は同じカルソですがカルソニックカラーはスパッツ(リヤタイヤを覆うフェンダー)つけてるんです。まあ、正直どーでもいい話ですが。

2010/08/12 00:58 | ポール [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://tyoroqsteer.blog90.fc2.com/tb.php/565-e0be6401

| TOP |

■□■□■最近の更新□■□■□■□■

●○●○●もくじ●○●○●

≫コメントありがとう♪≪

プロフィール

YE7

Author:YE7
チョロQとQ遊びをもっと流行らせたい!
そんな気持ちで運営中♪
気軽にコメントくださいませ。
できる限り毎日更新します。
休日は、連続アップも結構やっています♪

ジャンプ

Designed by 石津 花

●○●○●リンク●○●○●

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Pika_Mouse

powered by
3ET

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。