--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/06/24 (Thu) 登場!光の使い手 レヴェント


レヴェント「ここがアメQタウンか…」

002_20100624004052.jpg
レヴェント「かわいそうに…」

003_20100624004052.jpg
ジョージ「やあいらっしゃい。新顔だね」
レヴェント「はい。ジョージさん、はじめましてレヴェントです。あなたの噂は知っていますよ!
それにしても、この街で何かあったんですか?」
ジョージ「まあついておいで」

004_20100624004034.jpg
ジョージ「数日前からデンジャートラックが現れてな、そいつに破壊されたのだよ」
レヴェント「デンジャートラック?」

005_20100624004034.jpg
ジョージ「そうだ。そこを見てみ。ハマーだろうと、トラックのコンボイだろうと、そいつには手も足もでない…まるで悪魔のようだ」
レヴェント「…!」

006_20100624004034.jpg
ミスタークマズファクトリー

007_20100624004034.jpg
クマ「やあ…?新型だね」
レヴェント「はい。Qレーシングのレヴェントです」

008_20100624004034.jpg
クマ「この廃車の山をみてくれよ。全部あいつにやられたんだぜ」
レヴェント「デンジャートラック…」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

ジョージ「きたか…」
クマ「逃げろ!」

009_20100624004033.jpg
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

010_20100624004001.jpg
バギバギバギバギバギバギバギバギ

011_20100624004001.jpg
デンジャートラック「ニゲナイノカ?」
ジョージ「もう逃げるのはやめだ。ここの住人も残り二人…決着をつけてやる!」
デンジャートラック「オロカナ」

012_20100624004001.jpg
レヴェント「俺もいるぜ!!!」
ジョージ「危ない!!!」

013_20100624004001.jpg
ジョージ「ぐわぁぁぁぁあああぁあぁぁぁああ」
デンジャートラック「ハハハハハハハ」

014_20100624004001.jpg
レヴェント「ジョージさん!!!」

015_20100624004001.jpg
デンジャートラック「噂のジョージも口ほどにもないな」
レヴェント「ジョージさんは俺をかばって…!!!」

016_20100624003927.jpg
レヴェント「このやろ~!」
クマ「あの新型!凄いパワーだ!!!」

017_20100624003927.jpg
デンジャートラック「イクラハイパワーデモ、ワタシノテキデハナイ」
レヴェント「くそ~
負けるもんか!
負けてたまるか!」



まばゆい光があたりを包んだ



クマ「何があった!?」
018_20100624003927.jpg
デンジャートラック「ワタシガトバサレタ?」


 !ヴゥン!
019_20100624003927.jpg

デンジャートラック「ソンナモノ!」
020_20100624003927.jpg

 !ヴゥン!
021_20100624003927.jpg
デンジャートラック「バカナ!」

レヴェント「光よ!」
022_20100624003838.jpg


023_20100624003838.jpg
レヴェント「正義の光に包まれ、滅んでしまえ!デンジャートラック」

024_20100624003838.jpg
クマ「凄いエネルギーの塊だ!爆発するぞ!」





………




……







025.jpg
クマ「イデデデデ」

026_20100624003838.jpg
ジョージ「おまえがやったのか?」
レヴェント「はい」

027_20100624003838.jpg
ジョージ「もう二度とやるな!」

スポンサーサイト

『王国物語』 | trackback(0) | comment(7) |


2010/04/13 (Tue) 悪魔のカスタマー・Mr.クマズファクトリー #02

→前回のあらすじ・クリック←
mrs02.jpg
クマ「こいつの帆は取り外し可能なんだよな…そのかわりエンジンがパンサーしか搭載できない。

mrs03.jpg
他のオープンカーはすべてサイドガラスがついているから、MR-Sが脱着可能とは気づいていない人も多いかもな。

mrs04.jpg
こいつの前のオーナーは、帆を外すためにボディを外そうとして失敗したのかもな…
特にMR-Sの爪は細いので、補強が必要か…

mrs05.jpg
肉厚化と硬化を化学合成で一度にできるのがコレ!
プラリペア!
コイツを使えば、以前よりも頑丈になるんだ。


akuma01.jpg
ヨシ!
これだけ盛れば充分だろ。
あとはエンジンを…!?]

―そこへ悪魔のZがやってきた―
akuma02.jpg
クマ「L28改ツインターボ!これだよコレ!ぺーニーの強化バネに、マッドエンジンのギア!」
悪魔のZ「何を…」
ソアラ「すげぇエンジンだ…」
クマ「よし。コイツにきめた!」
悪魔のZ「勝手にきめるな!」
クマ「ダメか…」
ドクターQ「大丈夫じゃ」

akuma03.jpg
ドクターQ「その悪魔には、代わりにコイツを乗せるんだ」
クマ「ドクターQ先生…!それはマッド系最強のガワ違いのスピードMAD…」
悪魔のZ「あなたは…」
ドクターQ「このエンジンを開けてみな」

akuma04.jpg
クマ「どひぇー!おったまげたぁ~!」
悪魔のZ「さっぱりわからん…」

akuma05.jpg
クマ「白銀で肉厚!かつ、ロングスルメ!こんなタマはみたことねぇぞ!」
ドクターQ「まぁアタリエンジンってやつだ。同じエンジンでもスルメが全然違うことなんて良くある話さ」
クマ「あとはホイールか…」

悪魔のZ「↑アニメと同じやつが良いな」


akuma06.jpg
マツダ・ベリーサ「やめてくれ~!頼む~!お気に入りのホイールなんだぁ~!」
悪魔のZ「すまん…俺のために…」
ベリーサ「悪魔だぁ~」
クマ「クマだよ~」

akuma07.jpg
ベリーサ「誰かぁ~!!!助けてくれぇえぇえぇえ!!!」

akuma08.jpg
悪魔のZ「よっしやぁぁ!思いっきり引っ張れ~!」
ベリーサ「シクシク…悪魔だ…きっとオマエ達には、メヂューサの災いが起こるだろう…」

akuma09.jpg
そして…

akuma10.jpg
エンジンスワップ!



…ん!?
クマ「はいらねぇぞ…!」
ドクターQ「あ、ほんとだ…」
ソアラ「失敗だね」
クマ「こうなったら力ずくで…」

バキッ!
悪魔のZ「イッてぇ!骨折れたぞ!」
ドクターQ「…」

akuma11.jpg
悪魔のZ「…爪が入ってないじゃないか…」
ベリーサ「ざまあみろ!呪いだ!メヂューサの呪いだ!」
ドクターQ「まぁしょうがない。これでもいいじゃろ…」
悪魔のZ「誰だよ、俺にマッドエンジン載せろって言った奴は…!」
クマ「しかし…これなら本当に、チョロQ史上最速のZだぞ!」
悪魔のZ「なんとかしてくれ」
ドクターQ「ヤダ…」

akuma12.jpg
クマ「MR-S!こっちも完成だ!」
MR-S「よろしくな!」

akuma13.jpg
こうして、クマズファクトリーのMr.クマは、MR-Sの修理&改造を無事(?)完了したのであった。
めでたしめでたし。


悪魔のZ&ベリーサ「めでたくねぇ~!!!」

『王国物語』 | trackback(0) | comment(2) |


2010/04/10 (Sat) 悪魔のカスタマー・Mr.クマズファクトリー #01

Mr.クマズファクトリー

今日もお客さんがやってきました。
002_20100410145441.jpg
ソアラ「クマ~」
MR2(シルビアs12)「足回りやっちまった」

003_20100410145441.jpg
クマ「いらっしゃい。トヨタはストラット式だな…安心しな、すぐ直してやるよ」(ニッサンです…)

004_20100410145441.jpg
MR2(シルビアs12)「よろしくお願いします」
クマ「先日事故があてな、フレームはダメだったが、エンジン足回りミッションパクってきたんだ」
MR2(シルビアs12)「金は出すから、新品使ってくれよ」
クマ「黙ってまかせな。ダブルウィッシュボーンに改造してやる」
MR2(シルビアs12)(大丈夫かな…全開で峠走るより怖いぜ…)

005_20100410145441.jpg
ソアラ「しかし、相変わらずゴミだらけだね」
クマ「なんだと!お前もパーツに分解して使ってやろうか?
   一見鉄くずだけど、俺にとっちゃ、大切なパーツなんだよ。ちゃんと錆びないようにしているんだぜ。
   溶かせば何にでも使えるんだぜ…ヒッヒッヒ!」
ソアラ「ごめんなさい。あ、MR-Sじゃん!」

006_20100410145441.jpg
クマ「そうだな、お前の相方のMR2(シルビアs12)と同じミッドシップ。今のところトヨタ最後のスポーツカーだね。
   爪を修理しているところなんだ。
   こいつはここらへんじゃ貴重な車だから、サスを改造して、K24Aなどの大型エンジンにスワップして補強しする予定だ。
ミッション系も、スムーズで頑丈なやつに変更するつもりだ」
MR2(シルビアs12)「楽しみだな」

007_20100410145448.jpg

→クリックで#02へジャンプ←

『王国物語』 | trackback(0) | comment(2) |


2010/03/21 (Sun) 渋滞×すり抜け×シェリル・ノーム

渋滞
左から…
インプSTI「また渋滞かよ~…俺の水平対向4気筒EJ20 2.0l DOHC 16バルブ デュアルAVCS ツインスクロールターボが腐るぜ」
イエロー7「エンジン名長すぎ…吼えろ!俺の13B!どうだ!ニュートラルで吹かした音は!」
涙目インテ「俺の後ろで無駄にエンジン吹かすなよ!
環境も考慮した、俺のK20Aエンジンの方が美しい!」
Z34「うるせぇインテリやろうが…お前らのちっこいエンジンなんか目じゃないぜ…
3.7L V6 VQ37VHR型、336馬力にはついてこれまい」
ZEXELR34「俺の最高出力は500馬力…」
みんな「なんでGTカーがこんなところにいるんだよ!」
原付シャアとワリオ
シャア「私のバイクはGTカーの3倍のスピードで走るんだよ。見せてもらおうか、ニスモのMSの性能とやらを」
Z34「おい、信号無視するな!」
ワリオ「へっへっへ!お先に失礼!」
インプSTI「警察は何やってんだ!!!」
スバルパトカー
スバル360警官「1960年のエンジンは、もう駄目じゃよ…サビだらけだから走らせないようにしているんだ」
イエロー7「Qレタウンのパトカーはダメだ…」
シェリルノーム 痛車
ZEXELR34「前から変なのが来るぞ!」
路上ライブ
シャリル・痛車「エンジンいじっている暇があったら、音響改造なさい!
そして、私の歌を聞きなさい!」


涙目インテ「峠攻めるときのBGMに良いかもな」

『王国物語』 | trackback(0) | comment(4) |


2010/03/17 (Wed) ガンバレ!世界一優しい車!トヨタプリウス!

トヨタ プリウス

国内外でプリウスのブレーキにも苦情が相次ぎ、大規模リコール問題に発展。

つい先日。トヨタ自動車の「プリウス」が米カリフォルニア州で3月8日に「暴走した」とされる問題は、
運転していた61歳男性の自作自演である可能性が濃厚となった。

プリウス
プリウス「シクシク…」
インサイト「ひどい奴もいるもんだな」
イエロー7「車は人を選べないからな…」
セリカちゃん「かわいそう…」

ホンダインサイトとプリウス チョロQ
インサイト「今日は俺のおごりだ。洗車機でその涙を拭いてきな」
アトムとプリウス
アトム「プリウスは地球に優しい21世紀の車です。どうかこれからもよろしくお願いいたします」
インサイト「世界一優しい車であり、俺の親友だ。泣きたくなったら、いつでも洗車してやるよ」
実際はトミカタウンの洗車場ではきれいにならないので、
ダイソーの銀磨きできれいにしてあげましたとさ♪
ダイソー 銀磨き

『王国物語』 | trackback(0) | comment(0) |


2010/02/06 (Sat) トヨタ プリウス、ブレーキの不具合で落ち込んでいるところを、所ジョージが語る。

Qレ王国の駐車場へ、何だか悲しげな顔をしたプリウスがやってきました。
1_20100206144305.jpg
プリウス「グスン…」

2_20100206144305.jpg
ミニクーパー「プリウスくん元気ないね。どうしたんだい?」
プリウス「私のブレーキが利かないと、たくさんのクレームが入っちゃって…
原因は、油圧式ブレーキと、充電するための回生ブレーキと、ABSと、運転者のくせとか、いろいろあるんだ。
よりエコな車にするために講じた策があだとなてしまったのかな…?」

3_20100206144305.jpg
所さん(ポンコチック)「そんなこたぁない!
ハンドルにもブレーキにも遊びっていうものがあるだろ?
その遊びがなくっちゃ、面白くないのよ。
ブレーキだって、2.3回に一回しかきかないほうがいいの。
そうしたほうが、みんな怖くて、安全に走るでしょ。
『遊び』が大切なんだよ。
やっぱりポンコツはイイネ~♪」
ピアッツァ「旧車最高!」
プリウス「ありがとう…でも…」
ミニクーパー「そうそう、車は使う人次第だよ。
しっかり細部まで試乗しなかった人にも責任はあるよ」
プリウス「そうかぁ。
プリウスはブレーキで遊べばいいんだね。
そんな遊び心がない人は、他の車買えばいいんだよね?」


それを聞いていたスポーツカーの二台は…
4_20100206144305.jpg
悪魔のZ「もしも俺のブレーキがきかなかったら…」
ガルヤド「…危ないおっさんだ」
悪魔のZ「そういやぁ。管理人のYE7のやつ。
やっと頭文字Q#1完成させたらしいよ」
ガルヤド「うん。どれどれ?」
悪魔のZ「これこれ⇒クリック プリーズ
ガルヤド「結局はお笑い系でいくことにしたみたいね」
悪魔のZ「#2 は私が出るらしいよ…」
ガルヤド「…まぁ、ガンバレや。
車は楽しく、安全運転第一だよな。
スピード求めちゃ死ぬだけだよな」
悪魔のZ「俺らには悲しいけど、そのとうりだね」

『王国物語』 | trackback(0) | comment(3) |


2009/11/24 (Tue) 『地球を感じろ!』


イエロー7
「むなしい!
 俺は一人で何やってんだ!」

2_20091124230755.jpg
バラード
「ばかやろう!」

3_20091124230755.jpg
イエロー7
「バラード!」
バラード
「ドライブっていうのは楽しむもんだ!」

4_20091124230755.jpg
バラード
「そんなつまらな走りをしているなんて、オマエらしくねえぞ!」

5_20091124230755.jpg
バラード
「なにがMAXSPEEDだ!くだらねぇ!
 そんなステッカー俺がはがしてやる!」
イエロー7
「バラード!」

6_20091124230755.jpg
イエロー7
「ありがとう!
 シール跡がべたべただけど、なんか、大切な心を思い足したような気がするよ!
 べたべただってジャンQだって、みんな楽しみは同じなんだ!」
バラード
「へへっ!オマエらしくなってきたじゃねぇか!」

7_20091124230816.jpg
イエロー7
「みんな!
 そんなところでひっくり返っている場合じゃあないぞ!
 ツーリング行こうぜ!
 みんなで風を、加速を、路面を、
 地球を感じに行こうじゃないか!

8_20091124230816.jpg
「お~!
 風が気持ちいいぜ!」

『王国物語』 | trackback(0) | comment(2) |


2009/10/11 (Sun) GMハマー売却に、戸惑う国民達とその日常。

ここはQレ王国のフスマタウンの片隅にある相撲広場。
ここは昔、ただの空き地で、ジャンQ達のたまり場だったのだが、
ジャンQ達の手によって、相撲広場へと生まれ変わらりました。
今日もここで、いつものようにみんなで集まって、ノコッタノコッタしていました。
1_20091011234320.jpg
イエローH2
「BADDOG!
 今日はなんだか相撲がとりたい気分なんだ!
 俺と相手してくれないか?」
BADDOG
「はっけよい!
 ノコッタ!」
2_20091011234320.jpg
ノコッター!ノーコッター!ノコラッタ!

3_20091011234320.jpg
みんな「おお!これは…

4_20091011234320.jpg
BADDOGの得意技!バッドドロップ!」

5_20091011234320.jpg
BADDOG
「どうしたんだイエローH2?
 いつものような切れがないぞ。
 何かあったのか?」
イエローH2
「実は…」
そこへ突然
黒H2が入ってきました。
6_20091011234319.jpg
黒H2
「俺たちハマーの親会社ゼネラル・モーターズが、
 四川騰中重工機械にハマーブランドを売却しちまったって聞いてさ。
 今までずっと、世界のGMだったんだけど。
 これからは中国に主役交代しちゃうのかな?」
イエローH2
「GMはとうとう、サターン、ポンティアックも廃止しちまったんだ。
 GMの時代は終わったのかな?」
BADDOG
「GMは今どんどん下火になってきているようだな。
 購入者のニーズや心をつかむことができなかったんだろう…。
 自分中心に考えるのではなく、
 購入者のことをもっと考えるべきだったんだろうな。
 要するに、頭が空っぽだったのが原因だね。
 今のGMが変わらない限りは、GMは再び波には乗れないだろうな。
 基本アメリカは力と金で物事を解決することが多すぎるんだよ。
 人の気持ちだって、時代の流れだって、なんだって、力と金で解決しようとすると
 悪いほうへ流れていってしまうんだ。

 人の心を本当の意味で動かすには、お金や理論ではだめなんだ。
 たくさんの強い気持ちで、人の心は、動く、すなわち感動するんだ。
 みんなでよく話し合って、お互いが暮らしやすい世の中を作っていこうじゃないか!

 いづれ中国など、一生懸命生産一筋で頑張っている国々が、
 世界の中心になるべきなんだよ。
 強い気持ちをもって、地道に一生懸命生きていければ、最高なんだよ」
イエローH2
「なんだかよくわからないけど、
 とにかく、世界はそうゆう風に流れていくんだね。
 俺もその流れの中で、何か自分にもできることを探していくとするよ。
 ありがとうBADDOG!」
BADDOG
「みんなで住みやすい国を作っていこうぜ!」

『王国物語』 | trackback(0) | comment(6) |


2009/09/18 (Fri) マツダ・ローターリー伝説 787bと787B 本屋へ行く チョロQ1000


787b右上
「はじめまして!787bといいます!」
787B左
「!?
 なんで俺と同じ名前のチョロQが!」
787b
「わかりません~。
 787Bの55号は世界でたった一台のスーパーマシンのはずなのに…」
787B
「調べに行くぞ!
 ちょっとついてこい」
787b
「はい」

2_20090918195238.jpg
←787b「いったいどこへ?」
→787B「何かを調べるときは、ネットカフェか本屋に決まりだよ」

3_20090918195238.jpg
787B
「ついた~!
 やっぱり図書館は広いな~!」
787b
「ここで全力で走りたいぜ」
787B
「本屋では静かにしないとだめだぞ」

4_20090918195238.jpg
787B「こっちだ」

5_20090918195238.jpg
787b
「さすが本屋!本が山のようですね」

6_20090918195238.jpg
787B「ふむふむ。勉強になるな」

7_20090918195315.jpg
787B「チョロQの情報はやっぱりQuantoが一番だな」
787b「ネコ・パブリッシングだしね」

8_20090918195315.jpg
787B「私らローターリースポーツも、ハイブリッドになりたいね」
787b「燃費悪いから、難しいですね」

9_20090918195315.jpg
787B「あったぞ!この本だよ!この本!これ最高なんだ!」

90_20090918195315.jpg
チョロQ1000!

91_20090918195315.jpg
787B
「この一冊で、1980年のA品番→HG→2004年のSTDがわかっちゃうんだよ!
 シリーズもの、セットもの、チョロバイやバスだってのっているんだ」
787b
「すごい!
 これ一冊あれば、ほとんどのチョロQがわかっちゃうんだね!
 まさに、チョロQザ・バイブルと呼ぶのにふさわしいね!」

92_20090918195315.jpg
787B
「さすがチョロQ学園の学園長!
 YE7は毎日愛読しているらしいよ」
787b「本当にスゴイ本だね!」


こうして、787B達は、自分たちが何者か、何年製なのかを知ることができましたとさ。
めでたしめでたし。
みんなもこのチョロQ1000を買って、チョロQをめでよう!
本当に最高のチョロQ本です。
これだけのチョロQ情報が、たったの790円だなんて!
個人的には大図鑑よりも↑↑。
すみやさん素晴らしい本をありがとうございます。

『王国物語』 | trackback(0) | comment(3) |


| TOP | next >>

■□■□■最近の更新□■□■□■□■

●○●○●もくじ●○●○●

≫コメントありがとう♪≪

プロフィール

YE7

Author:YE7
チョロQとQ遊びをもっと流行らせたい!
そんな気持ちで運営中♪
気軽にコメントくださいませ。
できる限り毎日更新します。
休日は、連続アップも結構やっています♪

ジャンプ

Designed by 石津 花

●○●○●リンク●○●○●

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Pika_Mouse

powered by
3ET

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。